『エクソシスト 信じる者』悪魔が選んだのは、2人の少女【ネタバレ】【考察】

怖さ    ★
ストーリー ★★★
グロさ   ★

 

エクソシスト 信じる者 (字幕/吹替)

原題:The Exorcist Believer
公開:2023
制作:アメリカ / ブラムハウス
時間:111分
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン (ハロウィンシリーズ)
脚本:ピーター・サトラー
キャスト
レスリー・オドム・Jr
アン・ダウド
ジェニファー・ネトルズ
ノーバート・レオ・バッツ
リディア・ジュエット
オリヴィア・オニール
エレン・バースティン

あらすじ
ヴィクターは12年前に妻を亡くして以来、1人で娘のアンジェラを育てている。ある日、アンジェラと親友のキャサリンが森へ出かけたきり行方不明になるが、3日後に無事保護される。しかし、その日から彼女たちの様子がどこかおかしい。突然暴れ出し、叫び、自傷行為を行うなど常軌を逸した行動を繰り返す2人・・・。ヴィクターはかつて憑依を目撃した経験者のクリス・マクニールに助けを求め、悪魔祓いの儀式を始めるが、それは想像を絶する危険な試みだった。

(出典:公式パンフレットより)

 

 

悪魔祓いに司教の許可がいるの

初めて知った。

 

そして、なんといっても今回の映画は
「エクソシスト(1973)」の公式な続編ということで
前回、悪魔祓いに立ち向かった母娘が50年ぶりに
ゲスト出演!エモい。。。

悪魔祓いのやり方も多様性の時代を感じたし。

ラストも考えさせられる結末で面白かった。

 

 

 

 

 

 

『エクソシスト 信じる者』が観られるサブスク 

Amazon prime video Netflix FOD Hulu DMM TSUTAYA Paravi U-NEXT ゲオ 宅配レンタル ABEMA
× × × × ×

 

amazon prime video

エクソシスト 信じる者 (字幕/吹替)

 

 

以後ネタバレを含みます。    

 

 

 

死んだ母親に会うために降霊術を行う

アンジェラの母親は、13年前旅先のハイチにて地震で大怪我を負い死亡。
その際、アンジェラを妊娠中であり、お腹の子供だけ助かる。


13年後。
アンジェラは親友のキャサリン(父親が牧師で神様に詳しい)と共に、
放課後、森の中で降霊術を行う。

その日、 アンジェラ・キャサリンとも夕飯の時間になっても帰ってこなかった。
警察総動員で森の中を捜索するが、2人は見つからなかった。

 

 

3日後に戻ってきた少女たち

大人たちが懸命な捜索を続ける中、
2人は、3日後に森から50キロ離れた納屋で発見される。

「道に迷って歩き続けた」と、失踪して3日経っているという自覚はなく
それ以外は何も覚えていないというアンジェラとキャサリン。

アンジェラは、
母親と話をしたかったから降霊をするために森へ行った。
でも、直前で母親の形見のスカーフを取り上げられたから
母親とは話せなかった。誰にも会えなかった。と
父親に伝える。

 

少女たちが保護されて以降、
両者の親は少しずつ娘たちを不可解に思うようになる。
・足先、指先の壊死
・お腹に無数の傷
・おねしょ
・凶暴化して痙攣する

失踪後の精神の乱れと考えられ、精神科に入院させられたアンジェラ。
しかし、誰も知らないはずの過去で看護師をおちょくったり
精神疾患とは考えらえない出来事が多発。

 

そして、ある結論に至る。

 

キリストは、悪魔に勝利宣言をするために地下へ行った。
そして3日後に帰ってきた。
あの子たちも、地獄に行っていたんじゃないか。
(キャサリン母、冴えわたる)

 

 

信じる者を集め、悪魔祓い、開始。

妻を亡くして以来、無宗教なヴィクターだったが
娘を救うため、以前娘が悪魔に憑依された過去を持つクリス・マクニールに
助けを求めに行く。
(この辺のくだり、あまり必要なかった。ただ前作ファンからすると胸熱)
 
悪魔祓いは、様々な宗教で行われている。
だから、信じる力さえあれば悪魔祓いはできる。
キリストに祈る者、エジプト神に祈る者、それぞれ。
無宗教の主人公・ヴィクターは、きっと
自分の娘を信じ続けていたと思う。
悪魔祓いを始めた時点で、アンジェラとキャサリンの心拍は連携していて、
(1人の悪魔が、2人の体を乗っ取り中?)
悪魔より、
「2人のうち、1人は死ぬ。決めるのは神。選ばなければ2人とも死ぬ」
究極の選択を迫られる。
 
ヴィクター「俺は選ばない」
キャサリン母「選べない」
キャサリン父「キャサリン俺は、お前を選ぶゾッッ!!!!!
でキャサリンは心停止。アンジェラが生き残った。
 
 

考察

○悪魔祓い、今までの映画はキリストに全頼りしてたイメージが強かったけど、別に多国籍な祈りでもイケる。
○大事なのは、信じる気持ち。
○なぜ選ばれた方が死んだのか。
・悪魔なんて天邪鬼なんだから、そもそもが引っ掛け?
 どっちを選ぶ?とは訊かれたけど、「生きる」ほうを選ぶのか、
 「死ぬ」ほうを選ぶのか、までは言ってなかったような・・・。
 キャサリン父は、大事な娘が悪霊の犠牲になるほうで返事してしまったのか。辛いな。
 バッドエンドとハッピーエンドが混在する、なんとも複雑なラストだった。
 キャサリン父、牧師のくせに娘を信じる力が弱い。
 アンジェラ父を見習った方がいい。
 
 

 

コメント 皆様のコメントでこの映画をより深く分析したい

error: Content is protected !!