『ロバート 最も呪われた人形』家政婦が置いていった変な人形【ネタバレ】

怖さ    ・
ストーリー ・
グロさ   ・

ロバート 最も呪われた人形(字幕版)

原題:Robert
公開:2015
制作:イギリス
時間:88分
監督:アンドリュー・ジョーンズ
キャスト
スージー・フランシズ・ガートン
リー・ベイン
フリン・アレン
ジュディス・ヘイリー
シンディ・ラボール
サミュエル・ハッチソン
Megan Lockhurst

あらすじ
イギリスの郊外に住むポールとジェン夫婦の家には、住み込みで家政婦のアガサが働いていた。しかし高齢のため、頻繁に 発生する物忘れにストレスを感じたジェンは、彼女を解雇することに。荷造りを終え別れの時、アガサは夫婦の息子ジーンに ロバートと呼ぶ大きな古い人形を“新しいお友だち”だとして託した。一方、ジェンには「思い知ればいい」と捨て台詞を残し 去って行った。その夜から、この家で奇妙な出来事が起こり始める。新しく雇った若い家政婦が階段から落ち大ケガを負った り、息子の相手をしに来てくれた隣人が死亡するなど、事態はエスカレートしていき…。 

 

“最も呪われた人形”として有名な人形・ロバート。
1900年代初頭から実在し現在、フロリダのイースト・マーテロー博物館に所蔵されているそう…
購入者は、悪口に反応して表情を変えたり、走り回るロバート人形の姿を見たとも。

ファイル:Robert The Doll (5999680656).jpg

現在博物館にあるのは、本物じゃなくて展示用に製造されたもの。
(映画よりも全然可愛い。)
一説には、チャイルドプレイのチャッキーも
ロバート人形がモデルだと言われているらしい。

(Wikipediaより)

 

 

☟『ロバート 最も呪われた人形』が観られるサブスク 

Amazon prime video
FOD ×
Hulu ×
Netflix ×
DMM ×
TSUTAYA TV ×
Paravi ×
U-NEXT
ゲオ 宅配レンタル ×
ABEMA ×

 

 

 

以後ネタバレを含みます。

 

 

 

 

家政婦が置いていった変な人形

夫婦喧嘩と、情緒不安定な妻のメンヘラ具合を永遠と見せられる冒頭。
妻のストレスの一環である、高齢物忘れ家政婦を解雇したところから物語はやっとスタート。

家政婦は、不当解雇された腹いせに
前の住民時代から屋根裏部屋に放置されていたロバート人形に
魔術をかけ、力を持たせた。それを夫婦の息子にプレゼントする。
(息子、全然人形を持つ年齢じゃないのにそれなりに受け取ってくれるの優しい。)

 

「ロバートは特別。話すんだ」
一人ぼっちの息子の相談・遊び相手となり懐に入るロバート人形。

しかし、息子にロバートが渡されて以降、
台所で砂糖の瓶を割れていたり
妻の絵を赤い絵の具で台無しされていたり
鏡に”DIE”と書かれたりと不可解な出来事が連続で起こる。
新しい家政婦も、ベビーシッターも
ありえないような不慮の事故で亡くなる。

もう奥さんのメンヘラノイローゼは最高潮。

 

ロバート人形の過去

ロバートという男の子が持ち主の人形だった。
ロバートは、人形を持ったまま川で溺れ、そのままロバートの霊が人形に乗り移った。
人形は、いとこにわたり、ロバートの人形なのでロバートと名付けられ
巡り巡って、主人公たちの家の屋根裏にあった。
ちなみに、ロバートを溺れさせた犯人は父親。
このことから、大人には敵意を持ち、子どもを支配するという性質になる。
今回も、主人公の息子ジーンを洗脳し、父親を殺させた。

 

補足ネコ

ロバート人形、顔ももちろん気持ち悪すぎるんだけど
それ以上に、無礼を許さず、意地の悪い嫌がらせをした挙句
大人を殺す、というホラー人形界隈でも過去一扱い辛い性格してて草

 

ロバート 最も呪われた人形(字幕版)

ロバート 最も呪われた人形(字幕版)

  • スージー・フランシス・ガートン
Amazon

 

 

コメント 皆様のコメントでこの映画をより深く分析したい

error: Content is protected !!